つかぱい.com

禅とギターとミクさんと

パスワードについて考えてみた

今年のカリキュラムの終わって、すぐさまバイト

気がついたら支払いしなきゃいけないものをワンクリックで注文しすぎたことが原因でした。(今更ながら気がつけば良かった)

やっぱり計画とか予算を考えるのは必要だなと思います。月曜になったらもう一回再編成しよう。

ちなみにパスワードもアプリとかサービスを登録するほどに覚えるのが面倒になってきてついつい使い回しのパスワードにしがち(仮パスワードは)なので今年はセキュリティ面を強化していこうと考えています。

今日も短文ですけど一言

今更聞けないパスワード

そもそもパスワードって何かというと

通常はユーザIDと対にして用いる。あらかじめ登録されているそのユーザIDのパスワードと、操作者によって入力されたパスワードが一致していることによって、操作者がそのユーザIDの使用者本人であると認識する。 パスワードのうちで、数字のみで構成される文字列を暗証番号(あんしょうばんごう、PIN、personal identification number)という。金融機関のATMや携帯電話の本人確認で利用される。 文字列の長さが数十文字以上と長いパスワードのことを特にパスフレーズと呼ぶことがあり、高いセキュリティが必要なシステムで用いられる。 多くのシステムでは、パスワードに用いることのできる文字はアルファベット(ラテン文字)26文字か52文字(大文字・小文字が区別される場合)、アラビア数字10文字、「+-/!"#|_」などの記号に限定されているが、マルチバイト文字を用いることができるものもある。

wiki パスワードの概要

まあ当たり前ですけど本人しか知らない合言葉を使うことによって本人確認をすることです。なので他人に推測されそうなパスワードはもはやパスワードじゃない。

特にアカウントの乗っ取りなどの被害はパスワード自体が「password」だったり「12345」だったりするのもがかなりあるので要注意 ほぼ間違いなくログインされるので早く変えた方がいいですね。

毎年脆弱なパスワードのランキングも出ているので一度確信してみるのはいかがだろうか?

SplashData’s fifth annual “Worst Passwords List” shows people continue putting themselves at risk

アカウントを作るたび同じパスワードなんかにしていると何かしらのアカウントでログインできちゃうと芋づる式に他のアカウントにもログインできてしまうのでセキュリティは万全にしましょう。

明日に続く