つかぱい.com

禅とギターとミクさんと

人に左右されずに資金計画を立てたい

単純な話、一年色々忙しいことを理由に具体的にお金ををどうセーブしていくかということを考えてなかった。

まあ、色々あったし後でいいやと思っていたら、あっという間に春に近づいてちょっとだけやばいと思い始めたのでお金関してボーダーラインをきっちり決めていこうと思った。

社会人一年はあっという間というのはマジだった...

今更何を言ってるのかと思うかもしれないがこれは本当に焦る。

なんて言ったっていろいろ考えずに(多少は考えたけど)使ってしまったお陰で自由に使えるストックのお金はほとんどない状態で2年生になってしまうのから驚きだ。まさかこんなにあっけなく一年が終わるなんて思っていなかったからぶっちゃけ戸惑っている。

一番気をつけないと思っていた後回しの癖はすぐには抜けないもんで、今年度これに厄介になった。もちろんマイナスになったらヤバイと思っていたので最低限のラインは死守したけれども、今度は首が回らないかもという怖さはあったので来年度はこれを克服することが一番の目標になると思う。

一番の出費である交際費どうするか

自分の出費のパイの中で一番の出費はやはり人と会うお金が三割以上になっていることだと思う。

これがまずいということはっきりしてるのだけれども、これをどうやって削減するかということに関してはまだ具体的にどうするべなのかということはまだわからないところが多い。

なんせ自分一人で完結することではなく相手がいることなので相手にも合意をとった上で進行する必要があるからだ。

ビジネスでもそうだけれど、相手と交渉して金額を決めルールを運用していくので、どの程度であれば許容出来るか継続ができるのかというところ探していかないといけない。

急にやるのではなく緩やかに継続できる設計を目指す

今の仕事をしていいところは開発のノウハウを日常生活に置き換えて実行出来ることだと思う。アジャイルでかつオブジェクト志向な現場なので、この問題もそういった現場のノウハウを生かしてこの問題も取り組みたい。

今回は最初はなるべくミニマムなルールで1日にどれくらいの支出があったのか、を帰りの電車に乗っている間に手動で記録するというところから始めようかなと思う。

「え、そんな簡単なことだけ?」とか思うかもしれないけれど、一番むずかしいのはそんな簡単なことでも継続することなのだ。

とにかくまずは継続する習慣から始めたい。一ヶ月出来たら今度はどれだけ支出があったのかをチェックしてどの程度オーバーだったのかなど色々と話し合いをしたい、まだ先が長いのでとりあえずこの辺にしておく。