つかぱい.com

禅とギターとミクさんと

一回借りたVPSの情報をローカルに落としてこようと思った。

一回勉強の為作ってみたはいいものの、セキュリティの問題とかいろいろと考えた結果、運用的にも自分しか触ってないしコストも掛かるのでプカプカ浮かせているRedmineだけ回収して一旦ローカル環境で色々としていこうと思った次第。

理由その1 母艦のスペックが余りすぎていてVPSの使わなくても良くなった

今自分のMacが16GBのメモリとcore i5積んでるマシンでかつ容量も500GBあるのでDockerを常時動かしても全然平気というマシンになっているのでわざわざVPSを契約してやらんでもいいかなと思ったので一旦想定していた機能に関してはローカルに取り込むことにしました。

テスト環境のコードとかもローカルに立てたGitLabにすればいいし、何か問題があればデータだけクラウドに一時待避させれば問題ないなと思ったので。

音楽とかゲームを作るには確かにこのスペックは必要なんだけれども、平日そんなことしてるかというとやってないし、4GくらいであればDockerに上げても今のところ余裕なので

理由その2 セキュリティ的にメンテナンスできない

調子に乗ってWebサーバーとして作ったいいもののLaaSだとセキュリティの管理どうするのか問題が常にじぶんで対処しないと行けないのですが、平日は日銭を稼ぐ仕事をしているのでZabbixで監視していても対処はできないし、かといって自分もマシンを職場に持ち込んで仕事も出来ないので管理の面でちょっとデメリットが発生してきたなと思います。

理由その3 目的がはっきりしないのに毎月1000円は流石に高い。。。

一番は多分これ

1年間運用すれば1万円以上のコストで全額自腹は流石に意味がないなと思いました。。。

もっと早く気がつけよって話ですが、見栄ですねきっと、自分のVPS持ってんだぜアピールをしたかったんです(自白

まあ、本格的にWebサービスで運用したいなと思えば資金計画を立てて一度運用してみるのもまりですが単純に何かでサーバーを動かしたいのであればローカル環境に仮想マシン立ててもおんなじかなという結果になりました。

まとめ

結果的には仕事でサーバーをいじりまくれるので趣味としてWeb系の物作るのであれば一旦自分のローカル環境で実験しながら運用する目的でVPS使うのがいいなと思いました。

1000円使うのであればHerokuとかでもいいわけだしPaaSのほうが良かったのかな

まあ次に実験台として使うのであればAWSとかにしようそうしよう(爆発したら死ぬけど)

まあオーバスペックなマシンなので有効活用できてないよね?って話でした