つかぱい.com

禅とギターとミクさんと

ちらっと見たら1200ビュー(累計)くらいしていた

ふと気になってアクセス数とか調べてみたところ、1日10人くらいは見てくださるそうで1200ビューくらいってました。

一番人気の記事Serial experiments lainみたいでこの変化ずっと一番ですね

他の記事が適当すぎるという面もありますが笑

あとは「エンジニアの知的生産術」が記事として2位くらい

このへんも適当すぎる感想をわざわざ見ていたけてるとは思っても見ませんでした。

すごいブロガーさんとかと比較したら大したこともないのかもしれませんが多少リアクションあると続けてよかったなーなんて思います。

大体は自分のライフログなのでこれからもゆるゆるやっていこうと思います。

iPhone XS Maxにしたんだがデケェ…

すごい高いと思ったけど最小構成のMacと考えて一番でかいやつを購入

画面だけ見れば相当でかいな、スマホじゃないじゃんと思いつつ、レビュー記事などと感想は同じく持った感じはちょうどいいサイズでした。

なぜかポケットには入るサイズ

でかいと思っても実はポケットに入るサイズでした。

まあ昔PSPをポケットに突っ込めだのだからまあそうかと思ったけど意外にいけますね

ただ普段はカバンの中にしまうものになると思う。

そしてなるべく歩きスマホしないようにしよう

人に画面を見せるとなるとこのくらいサイズは必要

画面を大きくした理由の一つは普段からプレゼン的なことスマホでするようになったためと、長距離移動の時にMacを持ち歩くのがとてもめんどくさかったから

Macさん自体はスペックのいいサーバー状態なのでまあVDI端末として使っても問題ないし

特に何が文章を書いたり、見たりするのには便利そうです。

バッテリーの持ちも結構良かった。

ただし値段は強烈に高い、これ買うならPCは買わなくてもいいレベル

今どきPCで一般的な人(ITとか仕事にしていない人)がプライベートPCを使う理由なんて殆どなくなってしまったのでこれ買ったらもう十分なような気がします。

分割もPCレベル(スペックはほんといいけど)なので買うのはやはり勇気が必要

そのへんはご自身の気合と根性で検討してみてください。

Wiki.jsがモダンなUIでかっこいい!

https://cdn-images.threadless.com/threadless-media/artist_shops/shops/wikijs/profile/logo-1531876777-e927870eea78296b4aa681910b70a189.png?v=3&d=eyJvbmx5X21ldGEiOiBmYWxzZSwgImZvcmNlIjogZmFsc2UsICJvcHMiOiBbXX0=

社内でWikiとか欲しいなーとか思っていた時に偶然発見

使ってみたら結構便利だったのでいいなーと思いました。

wiki.js.org

どんなWikiなの?

Wiki.jsはnode.jsをベースとした軽量OSSwikiです。

なのでソースはgitから持ってきてどこでもインストール可能

あとdockerのイメージファイルとかもあるので自分のクライアントにDockerを入れてローカルWikiなどを作ると非常に便利です。

軽いWikiというとdokuwikiなどのようにファイルベースなのかなと思いましたが、mongoDBがバックエンドにあるので永続データとしてストア出来ます。

ついでにGithubとかとSyncする機能もあるらしいですよ。

自分のナレッジベースとして管理したいでもアプリはめんどくさい

大抵自分のナレッジベースを貯めるときはブログとかQiitaとかに投稿するのですが、仕事中の事務作業なんかは外部アクセス出来ちゃうとまずいのでこういったWikiが欲しいなーと思いました。

昔チームで建ててたサーバーも現場変わってしまうと使えなくなるし、かといってRedmine使うほどでもないというと状態だったのでこういった持ち運びできるWebアプリはあると便利ですね。

wikiはdockerで建てるのがおススメ

今回思ったのはウワモノをいちいち立てるのはめんどいのでDBだけ別枠にしてコンテナの持ち運びができるとGoodだなと思いました。

なのでVMイメージを固めるよりもdockerで建ててしまうことがおススメです。

Dockerで立てるときはこのリンクを参考にしました。

qiita.com

ちなみにDoku wikiを使ってたのですが電源をつけたり消したりするとphpのファイルが消えてしまってローカルでもデータをストック出来なかったので今回は見送り

立てたばっかりですけど結構いい感じですよ。おすすめです。

先月送った荷物がタイに届いたらしい

先月タイにいる先輩から荷物を送ってほしいと言われて、ちょっと送ってみた。

一応Mサイズくらいの荷物で1万円くらいかかったんだが何事もなく税関とかは通ったらしい。

といっても荷物を海外に送るのって結構高いんだなーなんて思いました。

運賃で一万円かかるなんて今までなかったし、航空便だったからかもしれないけど

それなりにはいい経験になりました。

次やる?と聞かれると多分やらないやつだけどね

それにしてもお金どうやって回収すればいいんだろう…

こういうのアジア圏ならLINE PAYできる時代が早くしてほしいな

なるべく即日にタスク消化しようと思うと夜更かし気味

よるゆっくりしたい派なのですが、いろいろ考え事がぐるぐる回ってしまってついつい夜更かし気味に…

朝方にチェンジしようと思って何度もチャレンジはしているのですが、なかなか難しいですね。

ハロウィンのイベント準備とかでいろいろパタパタしていたり、してGitのコミットも停滞気味なので徐々に改善していきたいなと思います。

正直思ったけどタスク多すぎ、気づかなかった

なるべくタスクはためたくない主義なのですが、自分のTodoリストを見ると明らかに作業としてカウントしているものが多すぎてうまく機能してないなと思いました。

なので一旦毎日の日課としている部分は一部休んで、できることを絞ろうと思います。

英語とか頑張ってみたけど今は多分必要ないんだと思う…

どちらかというと短期集中してなんとかしたほうがいいなと思いました。

定時で上がれるので睡眠時間を確保したい

今年は去年と違い秋になってもいろいろと呼び出される機会が多くなかなか家に帰れない状態。

タスクの多さも重なって、疲労回復する時間も少なくなってきているのでちょっとやばいなーと思っています。

なので家に帰ったらなるべくすぐに寝る、ということをルール化していきたいですね。(できるかは知らんけど)

とにかく、一生懸命やりすぎると燃え尽きそうなので今週はスローダウン

ゆっくりしても、大丈夫と自分に言い聞かせつつ考える時間を減らしたいなと思います。

脳がオーバーヒートしそうだ!!

Qiitaうっかり集中しすぎて夜中に書かないようにしよう(反省…)

カワイイは技術(物理)を考えてみた。

10月になりハロウィンのネタをそろそろ決めないとなと思って何かないかなと考えたところ

過去のメイク系の話を思い出したので今回は完全版でできるかなと思ったので検証してみました。

結果に関しては以下のような感じに

見たい人だけ展開してください。

f:id:ferrari458tukapai:20181007233723j:plain

わりといい感じにできたのではないかなと思ったのと検証した結果

カワイイ要素は何だったのかということについてサクッと考えてみました。

※普段そんなことをしない人間からの目線なので適当です。

目元の印象が割と大事だということがわかった

女性陣の目ヂカラUP関連の話が大事なのは実際にやってみてわかった

女子らしい目という観点関しては多分この辺がポイント

  • 二重まぶたは目が大きく丸型になるのでよい
  • 黒目の大きさが裸眼の1.2~1.5倍程度になるといい
  • まつげのボリュームも目尻に向かって多いといい

一般的に言われていることだけれども聞きかじりと実際にやってみるのとでは結構違ったイメージだったなとおもいました。

ちなみに実験台となった自分の顔は

  • ガッツリ一重で1直線的な目
  • 黒目は半分くらいしかいつも見えてない
  • まつげあるけど奥になるのでの薄い

といった対照的なパターンだった。

この場合、後者のパターンは割と男性的もしくは特徴があまりない顔なので、カワイイか微妙と認識されているような感じがしました。

ちなみに後者のパターンでもかわいい人はいる。割合としての話なのであしからず。

結局どんなふうな変化が印象的だったか?(感想)

結果としてわかったのは顔のパターンの中で丸型の要素が多いほどカワイイというイメージを持たれる傾向がある

ということがわかりました。

二重のほうが目が全体的に丸く見えるし

面積として黒目の露出が多いほど目が大きく見えて半月から丸型の黒目になるのでここが割とかわいい

あと2次元的な表現でいろいろ分かれる目と皮膚の境界線の黒いとこがまつ毛ラインに該当すると思うのですが

ここも細いよりもくっきりややつけまやアイライナーを駆使して太めのラインに加工するとカワイイ

というイメージになるのではないかなと思いました。

あと補足として、カラコンは結構どころか誰ってくらい人のイメージを変えることもわかりました。

ここが一番超絶びっくりドンキポイント

検証に使った所要時間は大体1時間くらい使いました。

けっこう大変だった。(大半はひとにやってもらったけど)

ふだんからこれをやっている女子のみなさんはすごいなーなんて思います(すいません)

あと髪の毛長いというのが結構肝心ですね。人によるとは思いますが

 おまけ

あと仮装で全体的な外見も大事だとは思いますが、ボディ部に関しては

男子は逆三角形なのに対し女子は三角形的な服装にすれば割とそう見える事もわかりました。

そのへんは書くと長くなりそうなので端折る。

まだいろいろ実験中なので他に発見があれば書くかも

どうしてもダラダラしてしまうならできる環境に移ろう

今週で現場の仕事が終わり来週からまた新しい仕事になる見てたいですが私は元気です。(え、誰あてやねん)

きょうは土曜日で会社が研修所を勉強用に開けてくれるとのことだったので、お昼すぎくらいからタスク消化のために出社

家だとどうしても誰か話しかけてきたり、いろいろと関係の作業をしてしまうので今回は誰も話しかけてこない環境に自分をおいて3,4時間くらい黙々と作業をしていました。

 習慣的にリラックスすると決めているエリアで集中するのは難しい

人間の習性上、どうしても寝室だったり居間だったりと普段はくつろぐ目的の場所で何かを仕事しようという気になるには相当の胆力が必要みたいでいつもそれでいろいろと後回しにしていました。

これは、人間のホメオスタシスとか条件反射的なものが原因なのでどうしようもないですからね。

できないことはないけど、費用対効果は薄いかも

今回は、そもそも緊張する場所に行けば集中してなにかできるんじゃないかなと思って研修所へ

結果として、やりたいことは2時間位でサクッと終わって、やり残したことはないと思ってさっさと帰ってきました。

こういった意味では、図書館やカフェで勉強するというのもある意味正しいのかもしれないですね。

 一人で作業るときはとにかくタスクを最小化する(何度も言ってるけど)

まあ、毎度のごとく自分ひとりでやることに関してはタスクを5分位でできるくらいの具体的なタスクを考えるようにしています。

あとは、絶対に完了したいタスクに関しては1個だけに絞ってこれが終わったらあとはやる気次第くらいのつもりでやったりもしますね。

仕事ではこれは結構タスク消化に有効だったので、あとはプライベートでも使いこなせるようにしていきたいです。

 一旦明日は何もしないことにしよう

期末でいろいろと忙しくタスク消化が多かったので、明日は完全休息日にしようかなと思います。

ブログとかは書きたかったら書くけど基本書かないスタンス。

Gitのコミットもやらなくてもいいくらいの気持ちで

ちょっと頑張り過ぎかなと思うので一旦息抜きは必要ですね。

大学生の時みたいに燃え尽きないように今度はちゃんとコントロールしよう