つかぱい.com

つかぱいが思ったことを書いています。

興味関心を見つける難しさ

昨日はいつもお世話になっている友人の引越しの作業をして、筋肉痛が出でいます。

タイトルの意味合いはアプリデザインとかに関連して、興味や関心の根本的な部分を見つけるのが難しいなと言う内容です。

自分で感じる興味のきっかけは?

今アプリを作ってく中で出てきた疑問点で、なんでこのアプリ使うんだっけ?と言う理由の部分。普段はあまり自分では考えないところなのですごく難しい。

例えば旅行客として観光名所を訪れた時に、歴史を感じる建物を見る時ってありますよね?

その時に「なんだこれ?」って思うこの瞬間が多分そうなんだと思うのですが、その行動自体もそうだしその人がこの建物にたどり着くまでの体験とかがその前の段階にあるんですが、いまいちそこがぼんやりしている。

いわゆるUX(ユーザーエクスペリエンス)ってやつです。

巷にはいろんな本があって参考にはあるんですが、結論はUX自分で見つけろ的な根性論で締めくくっているので、結局どうすればええねん⁉︎という部分に直面しています。

普段看板見る時ってみんなどうしているのかな「簡単なほうがいい」っていう解決策はわかるんですが…

悩みはまだ続きそうです。

UIとかデザインもそこにのっかてくるもの

そんなこんなで悩んでますが、時間は待ってくれないのでとりあえず手を動かす作業、でも結局UIとかデザインもそういうコンセプトの部分に乗っかってくるので、またどうどづ巡り。

もちろん流麗なデザインとかそんなかっこいいものが追求していませんが、シンプルにすればするほど、「そのアプリの存在価値」が問われているようでまた難儀しています。

シンプルにって要求が一番難しい…

こういうのはどこにそうだんすればいいんでしょうか?

個人的には試験真っ最中なのでテストに集中したいです笑

去れ!マーラーよw