つかぱい.com

禅とギターとミクさんと

キレる人ほどお金が逃げていくその理由についての考察

暇なときに考えれらることは記入しておこうと思います

簡単な話、キレる人っていうのは自分のことを客観的に見てないのと自分の満足の為に起こっているのでいいように使われてしまっているが故にお金がないっていう理屈

特にお金を稼ぐ理由がなんとなくっていう人に多いというのも特徴
なんとなくってことは目的がない(必要に迫られてお金を稼いでいるのかもしれないけど)し結構周りが理不尽に怒ったりしない環境の人が多目みたいで
そういう人が仕事をしてしまうと一番目につくのは周りの不満
自分はこんなに頑張っているのに、評価してくれない、優しくしてくれない
結果お金払っている自分はえらい(身分が上)みたいな気分になっちゃう人が多くいるんですかね

人によって様々ですが、結構この辺の人って比較的価格帯の手頃なものやイベントを好む傾向があるみたいで逆に所得が高い(比較的お金を持っている)人はあんまりそういうところには来ないみたい

そもそもお金があるのでスペースに余裕があってプライバシーが守られるエリアで参加しているものが多いみたいですね
実際にイベントもので自分もVIPチケットみたいな通常の三倍くらいのチケットでイベントに参加する実験をしてみた時の感想ですが
あの感じを経験してしまうと自分的にはあんまり人混みが好きなタイプではないので、高くてもいいから自分が楽しんでも周りも気にならないチケットで参加しようって気持ちになるのもちょっとわかります

まとめると、客観的に周りが見渡せないと自分本意になってしまってお金も時間も浪費してしまう面でキレやすい短気な人はマイナスってこと

物事には一長一短があるのでいいとこもあるのかもしれないですがお金の面で考えるとってことで

お金持ちに関してはいたるところにビジネス本だったりいろんな本とかメディアがあるので言う必要がないと思いますが

本質的に無駄が少ない習慣を身につけるのは結構長い時間が必要で文章を読むのは簡単でも実践するのはとても難しいっていうのだけは書いてないので悪しからず

あとは、他人が熱弁をふるっているところでみんなが共感しているものっていうのは案外時間が経つとテキトーなことなんだなってことですかね
むしろなんかの商売なんじゃないかなとさえ思うレベルに

なので、書いてあることは鵜呑みにするんじゃなくて実際そうなのか自分で検証してみてから正しいかは判断してほしいかなと思います。